ヤミ金 名簿屋

ヤミ金と名簿屋

ヤミ金っていうのは悪質な貸付を行ったり、強引な取り立てをしてくる金融業者のことですね。

 

普通の銀行はいうまでもなく、消費者金融やクレジットカード会社からも審査に通らないような人向けに違法な高金利でお金を貸し付けることを目的に営業してるんです。

 

そして最近は、ヤミ金業者の手口もより巧妙かつ悪質になってきているのです。たとえば貸し付けを断っても高額のキャンセル料を払わせたり、押し貸しと言われる方法で、返済が終わった人にも強引に貸し付けを行ったりもしてるんです。
そして、そういったヤミ金を支えるのが名簿屋っていう相手です。

 

 

この名簿屋の手に入れてる情報がどこから入手されているのかははっきりとは分かりませんが、ヤミ金が過去に貸し付けた相手をリストにして名簿屋に売ったり、官報などから自己破産者の情報を手に入れてるなんてのはよく噂になりますね。
一説だとヤミ金同士で貸付相手の情報を共有してるなんて話もあります。

 

そしてヤミ金の方からも名簿屋と呼ばれる人・会社から、ヤミ金を借りたことのある人の住所や電話番号などのリストを購入してDMを出したり勧誘したりしてるんです。

 

一度闇金に手を出してしまえば、あなたの情報がそういった名簿にのってしまって、借金を返済し終わっても名簿屋に渡ってしまった個人情報はずっと闇金業者やその他の怪しい業者に情報を売られ続けるんです。

 

いそいでお金が必要でも、今後の生活にずっと悪影響がある相手からはお金を借りたいとは思いませんよね。

 

じゃあ闇金業者に関わらないためにはどうしたらいいでしょうか。
それはひたすらヤミ金からの電話やメールの勧誘を無視し続けましょう。
電話なら着信拒否したりしてもいいですね。メールだったら登録アドレス以外は拒否したり、いっそアドレスを変えてしまうのもいいですね。

 

名簿屋自体はあなたにどうこうしてくるわけじゃないので、闇金などの勧誘にのらなければ問題になることはまずありません。

 

ヤミ金からお金を借りたり、借りようと連絡してキャンセル料を請求されたりなんていう問題は、はじめから闇金との関わりをもたなければ起きないんですから。