ヤミ金 キャンセル

ヤミ金のキャンセルでトラブル頻発

個人への融資をしている金融機関は銀行とローン会社ですね。

 

銀行は審査が厳しいけれど、審査に通ってしまえば金利が低く期間も長めに設定できます。
ローン会社の場合は逆に、融資を受けるための審査は通りやすいけれど金利は高くなってます。

 

高額なものを買う場合は銀行で、短期間で返済できる融資はローン会社を選ぶなどの傾向はありますが、どちらで借りるかは借りる人の判断です。

 

ですが、その両方から借りれなかったり審査を受けてる時間がないって人が借りてしまうのがヤミ金なんです。特徴は審査が非常にゆるくすぐにお金の貸し付けを受けれるところですね。

 

でも業者登録もしてないような違法業者なので、金利は非常に高くて取り立ても無理やりな場合も多いです。

 

 

そんなヤミ金にお金を借りようとして、いざとなると貸し付けを断っちゃう人も多いんですね。そりゃあ十日に5割や7割の利子なんて聞いたら、誰だって尻込みしちゃいますよ。

 

でも、ヤミ金はそんな相手からもお金を取り立てようとしてきます。それがヤミ金の言ってくるキャンセル料ってやつですね。

 

もう振り込みの手続きしちまったからキャンセル料を払えと言ってきたり、もう払い込んだから今回は利子もつけて全額返せとか言われてしまうからやっかいなんです。

 

キャンセル料を断るにはひたすら無視するか拒否し続けることになるけど、直接言われたり電話で何度も脅されて断り続けられるなんて人はそうそういません。もう脅されなくなるなら、今回だけならって払っちゃう人も多いんですね。
でもこれがヤミ金の手口。その後も適当な言いがかりをつけられて、ずるずるとお金を払わされて苦しみ続けることになります。

 

闇金をキャンセルする際のトラブルで相談されることも多くなっていますから、それだけヤミ金にとってはおいしい手口なんでしょうね。

 

闇金は弁護士や司法書士に相談することで解決が可能ですから、ひとりや家族で悩まずに専門家に相談してみたらいいんじゃないでしょうか。